2018年なので遅ればせながら仮想通貨に手を出す

2017年後半ぐらいから日本でも賑わってきたビットコインやアルトコインと称される仮想通貨たち。アフィリエイトやアンケートサイト、ポイントサイトが好調なので、仮想通貨で FX みたいなことをするつもりはないが、一応コレでもエンジニアだし、ブロックチェーンという技術に触れる、という意味でも、仮想通貨を無視してはいられないかなと思い、2018年頭から始めてみた。

ちなみに自分はこれまで、ブラウザで Monero (XMR) がマイニングできる Coin Hive は少し触ったが、コチラはまだ換金最低ラインにすら届いていない。ほぼ何も知らないド素人だ。

まずは日本の3大仮想通貨取引所に登録

まずは仮想通貨取引所に登録し、日本円を入金して仮想通貨を得たり、仮想通貨を貯めて日本円にして出金したりできるようにする窓口を作っておく。

日本の有名な仮想通貨取引所は3つあって、BitFlyerCoinCheckZaif というのが3強。扱える仮想通貨の種類や手数料が異なったりするので、とりあえず3つとも登録しておこうかなと思う。

BitFlyer

ビットフライヤーは、成海璃子が CM やってるヤツ。ビットコインの取引量は世界3位、国内1位らしい。

扱える仮想通貨はビットコインの他、イーサリアム (ETH)、イーサリアムクラシック (ETC)、ライトコイン (LTC)、ビットコインキャッシュ (BCH)、モナコイン (MONA) など。モナコインは国内産の仮想通貨で面白いところなので気にしている。

CoinCheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックは、出川哲朗が CM やってるヤツ。Monero (XMR) やリップル (XRP) など、マイナーな仮想通貨も扱っていて良さげ。

Zaif

ザイフは TVCM は打っていないと思うが、国内でも人気の仮想通貨取引所。ネム (XEM) やモナコインなども扱っている。

登録に際しては本人確認が必要

それぞれの仮想通貨取引所でアカウントを作るには、本人確認書類の提出が必要だ。やり方はサイトごとに若干異なるが、基本は運転免許証などの写真をアップロードし、その確認が終わったらハガキが送られてきて、それで住所確認が取れたら認証完了、という流れだ。

コレが終わるまでは仮想通貨取引ができなかったりするので、「これから仮想通貨を触ってみたい」という人は、登録完了に数日かかることを念頭において、予め登録を済ませておくと良いだろう。

仮想通貨取引で稼ぐ

これらの仮想通貨取引所では、仮想通貨間での取引ができるので、FX に似た要領で稼ぐことができる。仮想通貨なので24時間取引が可能なのが利点。

しかし一方で、FX と違って現実世界の情勢による影響ではないところで通貨価値が動きやすく、その頻度と落差も大きいので、注意が必要だ。

一切損はしたくない…

仮想通貨取引所のアカウントを作ったものの、元手がかからず損失が出ないアフィリエイトに慣れてしまったせいで、通貨取引での損失を一瞬でも出したくない…。

そこで、投資をすることなく仮想通貨を得る方法を探してみる。