映画「Venom ヴェノム」を観た

2021-01-04 〜 05 視聴。2018年の映画。トム・ハーディ主演。

あらすじ

記者のトム・ハーディは、リズ・アーメッドが CEO の「ライフ財団」が、ホームレスを使って危険な人体実験を繰り返していることを知る。そして取材を試みるが、ライフ財団の圧力で会社をクビになり、恋人だったミシェル・ウィリアムズまでクビになり、二人は別れてしまう。

それから半年後。ライフ財団の研究員ジェニー・スレイトは事態を把握し、トム・ハーディに潜入調査を依頼する。トム・ハーディはそこで、地球外生命体「シンビオート」に寄生されてしまう。

研究所を逃げ出したトムハの頭の中で、「ヴェノム」と名乗る地球外生命体が話しかけて来る。その星では負け組だったヴェノムも、地球で、トムハと一緒になら何だってできると語る。トムハは恐怖とともに、その協力な力に魅力を覚えていく。

異変に気付いたリズ・アーメッドは、自らも「ライオット」と名乗るシンビオートに寄生され、強力な力を手に入れる。そしてライフ財団が所有するロケットに乗り込み、仲間のシンビオートたちを地球に招こうとしていた。

トムハとヴェノムは、リズとライオットの元に向かい、死闘を繰り広げる。リズとライオットはロケットの爆発に巻き込まれ死。ライフ財団の悪巧みも明るみになった。

一件落着した後、トムハは元恋人のミシェル・ウィリアムズに感謝を伝え、その場を後にする。実はヴェノムはまだトムハに寄生しており、「悪党を退治する時なら暴れて良い」という約束で共同生活していたのだった。


一旦エンドロールが流れた後、トムハは刑務所で「クレタス・キャサディ (ウディ・ハレルソン)」という凶悪殺人犯と面会する。彼は「俺が刑務所を出たら『カーネイジ (大殺戮)』になる」と語るのだった…。

そして別のユニバース (世界) では、スパイダースーツを着た黒人少年が、ピーター・パーカーの墓を訪れ、さらに別のスパイダースーツを着た男と、何やらやり取りをしているのだった…。

感想

ヴェノムの見た目はグロいが、なかなかの無双っぷりで見ていて爽快だった。

「ヴェノム」の続編と「スパイダーバース」との関連を示唆するエンディングが付与されている。