USB ヘッドセット「Sennheiser PC 8」を買った・自分なりのノイズ調整方法

先日紹介した、Dell 4K モニタ S2721QS だが、モニタ内蔵のスピーカーはやはり音質が悪い。低音が出なくて困る。

そこで、Audio-Technica ATH-M20x というヘッドホンを買った。ちょっとキツくて耳が痛くなるが、内部の鉄板をねじ曲げて調整したらマシになった。音声を聴くならコレで良いかなと。

ほんで今回、今度は音声を録音できるようにしたいな、と思い、マイクもしくはヘッドセットを買おうと思った。USB 接続なら楽だろう、オーディオインターフェースって要るの~?って感じだったので、Sennheiser PC 8 という USB 接続のヘッドセットを買った。

外箱

裏面

開けてみた

ゼンハイザーの PC シリーズヘッドセットはどういう違いがあるのかパッと見分かりにくかったので、以下にまとめ。

さらに、Amazon 限定の新モデルとして 3.2・5.2・8.2 というモノもあった。自分が買ったのは PC 8 で、PC 8.2 は細部が違うみたい。

↑ Amazon 限定モデルが楽天でも買える…。

PC 8 の購入価格は約4,500円。価格帯からいっても音質はそれなりかなーとは思っていたが、自分はコレまで PC に接続するマイクやヘッドセットを吟味したことがなかったので、どのぐらいのモノが届くのか感覚が分からずにいた。

接続する PC 側の USB 端子によってノイズ量が大きく変わる

今回自分は、デスクトップ PC の Galleria XG に、このゼンハイザー PC 8 を接続してみたのだが、その際パソコンのどの USB 端子に接続するかで、マイクが拾うノイズ感が大きく変わった。

要するに PC 本体の USB 端子に直接繋がないと電気信号がノイズとして乗る、ということだ。こんなにモロにノイズが録音されるものかと初めて実感した。

USB ハブは、以下の「J5 Create JUH377 A」というモノを使っていて、このハブを PC 本体の裏面にある USB 端子に挿していたのだが、ハブに挿している他のケーブルや SD カードアダプタなどがまたノイズを増強していた。万が一の話だが、USB ハブ経由でしかヘッドセットが接続できないとしたら、ハブの他の端子に接続されているケーブルやアダプタ類は、出来るだけ抜いておくと、ノイズを軽減できるだろう。

幸い、PC 本体の USB 端子には空きがあったので、自分は PC に直挿しすることにしているが、こんなにも電気信号がノイズ音として表れるんだなぁとビックリであった。

オーディオインターフェースの重要性

ココで、「オーディオインターフェース」という装置が何をしているのか?ということがようやく理解できた。

まず、コンデンサマイクなんかだと、XLR キャノンコネクターとかいってオーディオ用のデカい端子で接続する必要があるので、それを PC に接続するためには途中で USB に変換するコネクタが必要になるのだが、その「変換コネクタ」を兼ねているのがオーディオインターフェースである。んで、簡単に「変換」なんて書いたけど、コンデンサマイクを動作させるためのファンタム電源の扱いだったり、受信した音声信号のボリュームやノイズの処理などをオーディオインターフェース側で高速に行い、低遅延で高音質な音声データに変換して PC にお届けしているワケだ。

じゃあ、USB 接続できるヘッドセットはどうなっているのかというと、ヘッドセット内に超簡易なオーディオインターフェースが内蔵されているだけなのだ。USB バスパワーで駆動する程度の簡易なオーディオインターフェースでは、微細な電気信号の処理は難しく、結果的に USB 端子の違いなどに影響を受けやすいというワケだ。

なるほど、だからゲーム実況者なんかは、わざわざコンデンサマイクを口元に置いてたりするんだ。2021年になっても、ああいう高尚な機材を用意しないと、オーディオのノイズって対策できないんだ、と、ようやく理解できた次第である。

Windows 側の設定でノイズ感はマシになる

というワケで、USB ヘッドセットのノイズ感をマシにするため、PC 本体の USB 端子に直接続することにして、改めてマイクが拾う音声を聞いてみる。

Windows10 の場合、ゼンハイザー PC 8 を USB 接続すると、「サウンド」の設定ウィンドウ、「録音」タブに、このヘッドセットのマイクデバイスが登場する。

サウンド設定

「マイクのプロパティ」から、「このデバイスを聴く」にチェックを入れることで、マイクが拾った音声をすぐさまスピーカーから再生してくれる。コレでリアルタイムに音声のノイズを確認できる。

このデバイスを聴く

また、「カスタム」タブにある「AGC (Auto Gain Control)」のチェックボックスは、自分はチェックを付けておいた方が音が綺麗に調整されていたので、チェックは付けておく。

さて、この状態でマイクが拾う音を聞いてみると、まだノイズが気になる。そこで調べてみると、2つの対処法を見つけた。

対処法 1 : サンプルレートを 441,000Hz に下げる

1つ目は、「マイクのプロパティ」→「詳細」で、サンプルレートを「480,000Hz」から「441,00Hz」に下げるというモノ。コレだけでノイズ感がだいぶ減った。

サンプルレートを下げる

対処法 2 : 「マイクのセットアップ」で大きな声を出す

2つ目は、「コントロールパネル」→「音声認識」→「マイクのセットアップ」という項目を選び、ココでディクテーションを読み上げる際に出来るだけ大きな声で読み上げるというモノ。ココで認識させた音量によって、マイクの音質をイイカンジに調整してくれるようだ。自分のマイクに合わせて、普段よりも小さい声で読み上げてみたり、大声で読み上げてみたりして、ノイズが減る方を選んでみよう。

マイクのセットアップ

自分の場合は大きな声で認識させた方が、ノイズ感が減った。わずかに聞こえていた「ドクッドクッ」「ピーピー」といった電気信号のノイズも、この「マイクのセットアップ」でほとんど聞こえないくらいに改善できた。

電源とケーブルが不要な手軽さか、明らかな音質か

ココまでの設定をしてやると、ゼンハイザー PC 8 は、ヘッドホンとしてもマイクとしても、常用に足るレベルで使えるようになった。ビデオ会議や簡単な音声録音ぐらいであれば問題ないだろう。値段の割には使える商品だと思う。

マイクの音質としては、やはり気になりながら使う感じになる。安物で妥協するつもりでいたけど、それでも気になって仕方ないレベルのノイズだった。だから皆 YAMAHA AG-06 に AT2020 なんかを繋いで録音しているんだな、と噛み締めている。「安かろう悪かろう」というより、「ちゃんと高いモノを選ばないとダメ」ってことだなと。

USB ケーブル1本で接続すればすぐにヘッドホンとマイクが有効になる手軽さは高いが、オーディオインターフェースとコンデンサマイクをセットアップする方が、録音時のストレスはなくて良いのかもしれない。マイクは金額で選ぶと損をする。使用頻度や求める音質から吟味するべきだと思った。