トイレする時にトイレットペーパーを敷くのは、個人的な知恵かマナーか

特に洋式トイレでウンコをする前に、トイレットペーパーを少し取って水面に敷いて、それからウンコをすると、水が跳ねにくくなり、便器に汚れが付きにくくなる。

ググりづらい内容であるが、ちょっとググると以下のように似た行動をとっている人は多数いる。

自分がどこでコレを学んだかは忘れたが、小さい頃からずっと実践している。

一番の効果は、水の跳ね返りがなくなるので、ボチャンという落下とともに水が肛門に付着してゲンナリするアレがなくなる。衛生的にも、わざわざトイレの水を肛門に当てる必要もないので、コレが一番のメリットだろう。

二番目に感じている効果は、便器に便が付着するのを防げる点。便の質によっては、トイレを流しても便器に汚れがくっついてしまい、掃除用具でこすらないと取れなくなってしまうことがある。しかし、先にトイレットペーパーを敷いておくと、その上に便が乗り、便器と便が直接触れなくなるので、便器が汚れにくくなるのだ。

この効果は和式トイレでも同様で、水を流す時にトイレットペーパーと一緒に便が綺麗に流れてくれるので、汚れずに済む。コレはトイレを清掃する人にとって負担が軽減されるので、公衆トイレでも自宅のトイレでも、この工夫が有益であることが示せると思う。

ついでに、「ボッチャンッ」とか「ベトッ」といった落下音がトイレットペーパーによって消音される効果もあるので、排便前にトイレットペーパーを敷くのは、余計な音を立てないようにするマナーともいえるし、自分の恥ずかしさを軽減する役割もあると思う。


以前、このちょっとした工夫による有効性を説明した相手が、それでも構わずトイレットペーパーを敷かずに排便を続け、毎回くっせぇウンコが便器に付着しててゲンナリしていた時期があった。不健康なクソはゲロほど臭いので、トイペを敷いて被害を軽減させるか、掃除してから出てきてくれと再三指摘したが、改善することなく終わった。

他人を不快な気持ちにさせない配慮を、指摘されても出来ない人間は「マナー違反」どころかモラルハラスメントだと思うのだが、この工夫はそんなに珍しいことだろうか?自分にもメリットがあることなのに、なぜやれない人がいるのか。

自分のクソもロクに流せない奴は陰でウンスジバカと嘲笑されるので、この程度の工夫・配慮はやろうな。