人は言っても治らないので諦める

現職は言語能力に乏しく技術力も別にないのに、妙に自信だけは揺るがなくて、同じ過ちを繰り返す奴が多い。

自分は、自分の好みで仕事をしないようにしている。知らない人と合意形成を取りながら開発をしていくためには、RFC だったり、Google 等が公開しているスタイルガイドだったり、RoR などの著名なフレームワークやライブラリが採用している一般的なプラクティスだったりを根拠にしないと難しいと思うし、世界中のプロ集団が知恵を絞って作り上げたプラクティスより、「俺の考えた最強のやり方」が優れていることなどまずないから、世のプラクティスに従った方が良いと考えている。

だから自分は、そうしたプラクティスを根拠にして、そいつの主張のどこに間違いや抜け漏れがあって、代わりにどうすれば良いのかという指摘をするようにしてきた。しかし、「面倒な作業が増える」だの「そのやり方に慣れない」だの、終いには「それって好みの問題じゃないですか?」などと言い訳しては、そいつが提唱する誤ったやり方に戻されることも多かった (好みの問題じゃなくて合ってる間違ってるの話なんだよな)。

その結果、案の定そいつは失敗して、俺と同じ指摘を客にされたりすることもあるのだが、そいつは最後まで「おっかしいなーなんでうまくいかないんだろー」という顔をしている。客の話すら素直に聞けないので、いつの間にかまた「自分のやり方」に戻していてまた怒られて、というのを繰り返している。

コイツが単に俺を気に入らなくて意地悪してきてるのかとも思ったが、そういう奴は俺がいない他の現場に行っても同じで、他の現場の上長も困らされているようだった。

そうやって困らされている上長も、管理もロクに出来ない、ドキュメンテーションも下手クソ、会話しても何話してるのか全然伝わらない。こんなんばっかりで皆どうやって今まで生きてきたんだろう?


指摘をしても、「社内勉強会」とかでそういうプラクティスを紹介したりしても、現場は全然変える気がない。俺への嫌がらせならそれで別にいいし、そうじゃないならホンマモンのバカしかいない世界なんだ、と思うことにして、コチラももう諦めて全てを見てみぬフリすることにした。

基本的なことは教科書的なプラクティスに従い、それが要件都合でどうしても上手くいかないところだけ頭を使うとか、ビジネスロジックの実装に時間を使うとかした方が、効率的で質も高いだろう、と考えているが、そういう発想のレベルに達している人間が一人もいない。自分の好みで設計・実装して何が悪いと思っているようだ。ドキュメントも書けない奴がオレオレ設計なんかしたらバグり放題だし、保守できなくて迷惑する人が沢山いるんだが、そういうことも気にならないようだ。

コイツらを何とかすることは不可能だと悟った。人は回りから何を言われても変わらないのだ。それは離婚でも学んだ。

ということで、今後はコイツらの問題点も無視するし、俺も俺の好みだけで仕事することにする。この会社の中で、効率とか生産性とか、より良いモノをとか、そういうことを考えるのは止めた。俺だけが考えてる状態で、それを壊そうとする奴らの方が多くてウンザリした。


奴らに教育も指導もしないと決めたので、彼らがダメダメでも、もう俺に文句を言う資格はない。俺は「頑張って現場を改善しようとしない人間」になることにしたので、「お前ら勉強しろちゃんとやれ」と言えないワケだ。その代わり、俺も俺の好みだけで仕事をするし、質とか精度とかどうでもいい。「そんな設計じゃこういうバグが出るよな~」とか「まーた甘い見積して、それじゃ実績工数は3倍じゃ収まらないな~」とか思っても何も言わないし、何か指示されても俺の好みで従ったり従わなかったりすることだろう。

そんなメンタルなら転職しろよと思われるだろう。俺も転職したい。この会社は俺には合わん。前職より技術的な自由度は増したが、それは管理者が管理していないことの裏返しでしかなく、そういう自由な人間が多い会社のストレスは、前職で感じていた「いつまでも Java 5 で無理に内製しようとしないで、色んな技術を効果的に取り入れたらいいのに」というストレスと同等、もしかしたらそれ以上のモノがある。

「ちゃんとしてない人間がメチャクチャムカつく」というのは、僕の「好みの問題」と言えるのかもしれない。そもそも僕は仕事を頑張りたくないので、頑張らなくても成果が出る方法を追求してきた結果、ベースは世のプラクティスに従うという方法を重視しているし、手戻りが発生しにくい確実な方法を選びがちなのだが、そうした方法論を知ろうともせず自分勝手に雑な仕事をしてちゃんとしようとしている俺に余計な手間をかけさせてくる人間がたまらなく嫌いだ。しかし、コイツらを頑張って教育指導して環境を良くしようという気も完全に失せた。人は治らん。

おかしい人間しか観測範囲にいなくて、段々自分の能力も下がってきた気がする。目標となる人物もいないし、こうすると良いのか~と参考になるような事例も全くない。自分の能力がどんどん下がっている感も嫌なのだが、「こういう仕事をしたい」という俺の好みを、こんな場所で無理に通そうとしなくていいよな。そんな意識高いこともう言わないから、全部諦めてお前らと同じ行動取ってやるよ。

転職は全然視野に入れているが、今年2021年は、離婚に伴う生活の変化でもう沢山で、コレ以上すぐに何かを変える元気がない。そこで、今この段階では「諦める」という選択肢を取り、今のストレスを少しでもマシにしようと考えた次第である。

仕事でちゃんとしようとか思うの止めた。そもそもそんなに仕事を頑張ろうってつもりないんだし。仕事以外のことに目を向ける。