好きな映像作品:柴田大平 - Shinkansen Ver. 2

僕は写真も好きだけどビデオ撮影も好きで、小さい頃は映画監督になりたいと思っていた時期もあったほどだ。

写真撮影に凝っていた高校・大学生ぐらいの頃は、YouTube やニコニコ動画、Vimeo、DailyMotion、今はなくなってしまったが DivX Stage6 などなど、動画共有サイトが徐々に広まっていった時期だった。そこで目にする様々な映像作品に感銘を受けてきた。

今でも大好きな映像作品が、柴田大平 (Daihei Shibata) さんの「Shinkansen Ver. 2」という作品だ。以下の Vimeo で見られる。

新幹線の車窓から撮影した映像を、上下鏡写しに加工してある。コレにより「地面」が消失してビルや建物が空中に浮いているような、不思議な映像になっている。

撮影機材は OLYMPUS EP-1 (PEN) とのことで、市販のミラーレス一眼。映像を鏡写しにする加工も、複雑な動画編集技術によるものではなく、映像ソースの上半分を反転させているだけで、特殊な技術というのは使われていない。高価な機材でもなく、特殊な技術でもないが、唯一無二の映像作品になっており、まさにアイデアの勝利と思う。

BGM は Van She の So High。この曲も大好きだ。

当時、BGM や使用映像は同じで、映像が鏡写しになっていない「Ver. 2 以前」の動画も公開されていたが、現在は見当たらなかった。「映像を反転させたら面白いかなーと思って」みたいなコメント付きで投稿されていたのが、この「Ver. 2」だったと記憶している。

簡単な編集で不思議な映像が生み出せるこの手法はこの当時大流行して、似たような映像作品がいくつかあった。

柴田大平さんはポートフォリオサイトが残っており、比較的最近、NHK の「デザインあ」という番組の制作に携わっていることが分かる。アレも柴田大平さんのヤツだったのか…!!

Twitter もあったが、2016年以降更新がない。

前回までに書いてきた Hondart さん、YUKi-TO さんもそうだが、10年も経つと普通の人ってネット上で追跡不可能になっちゃうのかなぁ、とか思って、ちょっと寂しく思う。皆それぞれ元気でいてくれたらいいんだけど。みたいな。w