ライフハック関連メモ

ライフハック・仕事術・物事を上手くこなすテクニックに関する雑多なメモ (スクラップ) です。出来る限り出典 (引用元) を明記しておりますが、掲載内容に関して何か問題があればご連絡ください。

目次

雑多なライフハック

出典不明

個人メモにまとめた際に出典が分からなくなってしまったモノたち。

  • 寝起きのウトウトを一瞬で解消する方法:足の指を動かせ!!
  • スマホ弄りながら歩くと警察も録画とかされるの嫌なので声かけて来ないみたい
  • 時間のある時にきちんとやろうと思うからなかなかできない。時間のない時に大体でいいからやっておくと、とりあえず物事は前に進んでいく
  • もしグラスワインを注文しようとしていて、どれにしようかわからないときは、一番安いワインではなく、二番目に安いものにしましょう。それは常に最良の選択となります。
  • 絡んでくる酔っ払いに何か大声で言われたらまずは、驚いたように大きな声で、「あれー?」と言いましょう。「どうもー。お久しぶりです! お元気そうですね!」と、さも知り合いのように言うのです。 この時、笑顔で言えればもっとよいでしょう。「どうも、その節はお世話になりました。奥さんはお元気ですか?」とでも言えば、「え? 知り合いか?」と、一瞬正気になるでしょう。

仕事術

プレゼン・話し方

  • 口癖になってしまってるムダな間投詞を意識的に減らす
    • 「えー」「あの」「まぁ」みたいな意味のない言葉減らすだけでだいぶ流暢になるのだ。どうしても次の言葉を探す時間が必要な場合も「…(微笑み)」とか「…(困惑)」とか表情で乗り切ればいい
  • 話が分かりにくい人の条件
    • 前提の説明がない
    • 結論を先に言ってない
    • 質問に答えてない
    • 全体→部分という構造になってない
    • 抽象的な言葉が多い
    • 相手に合わせて使う言葉を選んでない
    • 言葉を省略しすぎてる
    • 事実と解釈がごちゃまぜ
    • 話が拡散したり脱線したりする
  • 発表とか講演で質問が出ない問題を克服するため「質問か、もう一度見返したいスライドはありますか?」と聞くと比較的手が上がる

文章術

  • ビジネスの文章は
    1. 短く書く
    2. 結論から書く
    3. 目的を持って書く
    4. 形容詞を使わずに書く
    5. 事実と推測を分けて書く
    6. 伝えたい想いを込めて書く
  • 文章力に自信がない人は
    ①1文をできるだけ短く
    ②「、」は一文に1つ(多くて2つ)
    ③体言止めは2度続けない
    ④同じ単語を多用しない
    ⑤「?」の後ろはスペースで余白作る
    を徹底してみるといいよ
  • 前提、疑問、結論、理由、補足、確認、この順番で書けば誰も間違えない

バッドノウハウに学ぶ

仕事に関するマインド

出典不明

個人メモにまとめた際に出典が分からなくなってしまったモノたち。

  • 明日から使える業務改善!〜仕事を減らす8原則
    1. 廃止:やめられないか?
    2. 削減:削れないか?粗くしてもよいものか?
    3. 容易化:もっと早く、もっと簡単にできないか?
    4. 標準化:ルール化、マニュアル化できないか?
    5. 計画化:いつ、何をするか先読みできないか?
    6. 分業分担:分業化・集中化・外注できないか?
    7. 同期化:手待ち・督促・調整をなくせないか?
    8. 機械化:手書きをやめられないか?自動化できないか?
  • 悪い打ち合わせの条件
    • ゴールが不明瞭
    • 制限時間がない
    • 事前に資料がシェアされてない
    • 参加者が事前に資料を見てない
    • 参加者が事前に考えてない
    • 発言する人が決まってる
    • 偉い人に迎合する
    • 決まらないことに時間を使う
    • 仕切る人がいない
    • 遅刻する人がいる
    • 内職してる人がいる
  • 上司の「自分で考えろ」「勝手にやるな」のコンボへの対処法は、案を作って判断基準を添えて自分が良いと思う方を提案しつつ「判断だけを仰ぐ」。つまり、思考と判断を分離して、判断だけ上司にやらせる
  • 若い学生さんや新社会人さんにお勧めなのは10歳位上の人対象のノウハウ本を読む方法。新入社員なら「部下を持つことになった人へ」系、大学生なら「新入社員の三年で決まる」的な本。人生ままなりませんが自分を判断する者がどういうマニュアルを読んでいるかを読むのはチートへの近道です
  • 仕事を任せられた以上、任せられた責任として行わなければならない行動が結果報告以外にいくつかあるのでご紹介しましょう。この3つは最低でも行わなければならない行動です。
    1. 途中経過を報告する
    2. 障害が発生したら相談する
    3. 計画に変更が生じたら報告し、再承認を受ける
  • ルール自体に、ルールを見直す基準をビルトインしておく
  • 履歴書の方程式:自分の強味を次の方程式に当てはめて説明する。
    「Y と比べて、Z をすることで、X を達成しました」
    ×「ニューヨークタイムズ紙で論説を書いていました」
    ○「ほとんどの記者は平均で6つしか書きませんが、この分野における深い考察の結果として50の論説を書きました」
  • 気持ちを切り換えろというが、気持ちなんてものはどうだって良いから、次の手を打ちなさい
  • 40歳くらいになってまだ一度も「この前と同じレベルの成果を出すのに次は前回より3割かかる時間を減らすにはどんな方法があるんだろう?」と考えたことのないような人は、まじで「それはとてもヤバい状態なのだ」と理解したほうがいい
  • 「締め切りを守る」より「2週間を超える長い締切りは (意味がないので) 設定しない」ほうが戦術レベルでは有効
  • 「見て盗め、真似て学べ」が許されるのはわずかな先端領域のみ。どうでもいいところはさっさとルール化して標準化するべき
  • 悩むとは、物事を複雑にしていく行為である。
    考えるとは、物事をシンプルにしていく行為である。
  • 目的を設定することで、視野は狭くなります。
    「目的」は、自分の視野を狭くするためにあります。
  • ライバルは同業他社ではなくて、同じ額で違う娯楽を提供する業者
  • 日本に「強いリーダー」がいないのは、だれも望んでいないから
  • 価値の抽象度を上げ下げして考える癖をつけること。「自動車を売ってる」と考えるのと「移動を売ってる」と考えるのでは競争に関する認識の範囲と感度がまったく変わってくる。「フィルムを売る」のと「記録を売る」。「DVDを売る」のと「映画鑑賞の時間を売る」。前者と考えた組織は消滅しましたね。
  • 「インデントとか改行を揃えるのは本質じゃないと思うんですけどなんで拘るんですか?」に対して「一見本質に見えない所を統一することによって、本質を注視するためのノイズをカットすることに意味があるんです」

運動・筋トレ・ダイエット

出典不明

  • 就寝前にコップ1〜2杯のお湯を飲む。朝トイレ後に1〜2杯飲む。
    それからトイレに行く度コップ一杯のお湯 (またはお茶) を飲む。
    このサイクルが出来ると一日6〜8回トイレに行き、2リットルの体内水分が新しく入れ替わり、毒素が抜け、早い人だとそれだけでストンと体重落ちます。
  • クレアチン 5~8g、ロディオラ 300~600mg、ベータアラニン 5g (筋トレ向け)、BCAA 90mg/体重1kg (10g くらい)、カルニチン 2g
  • 腰痛の原因の8割はハムストリングスの硬直によるものなので前屈でストレッチすると良い
  • ヘソから下のおなかぽっこりは脂肪じゃなくて筋肉が足りなくて内臓下がってぽっこりなってるから、仰向けに寝て両手を広げて上半身をぶれないようにロックして、膝を立ててそのまま腰から下を左右に倒す運動が、腹筋背筋動かすのに全然キツくないし腰もくびれる
  • 下腹ぽっこりで悩んでたらプランクより腹筋ローラーおすすめされて 毎日60往復くらいやってるんですけど すっきりしてきたどころか身体薄くなったし腕や下半身も締まってきたので本当に腹筋ローラーはいい