「考える」のではなく「調べる」

「考える」行為とは、複数の知識を既に有している状態で、それらを比較し、どのように組み合わせると最適解に辿り着けるかを計算すること、だと思う。

知識もないのに「考え」たって何も出てきやしない。それは単純に「答えを探ろうともせず悩んでいるポーズを取っているだけ」。

良いやり方が「思い付かない」と思った時も要注意。自分の頭で新たに思い付く程度のことは、既に世の賢者たちがより良い方法を考え尽くされている。自分が新たに発想した気になる快感は忘れ、世にあるベスト・プラクティスGood Parts を調べる。

(自分程度の人間が思い付いたことなんて、ほとんどが「四角い車輪の再発明」にしかならない)

自分が「思い付いた」ことが合っているかどうかを知るには、「悪い方法」も知っておかなくてはならない。アンチパターンバッド・ノウハウも沢山仕入れておき、それらに当てはまっていないかチェックする。

知らないことはまず調べる。知っているつもりになっていることは、本当に合っているか確認するために改めて調べる。ちょっと考えても良いやり方が「思い付かない」時は、方法論の知識不足だから「やり方」を調べる。採用しかけている方法が本当に問題ないか、既知のアンチパターンに該当しないか、凡例を調べる。

充分な情報を得てから、目の前の問題に対し、どのやり方を適用するかだけ考えれば良い。