命名が大事・名前は正しく付ける

コーディングにおいて、命名、名前を付けるということは非常に重要な意味を持つ。与えられたクラス名やメソッド名、変数名などによって、コード内で抽象化された対象物の役割範囲が決まるので、名前が正しくないと内容が分かりにくくなるだけでなく、単一責務の原則を破り、スパゲティ化したコードになりやすい。

文書を書く時は、「タイトル」や「見出し」がその章や文書全体の説明範囲を示す。「〜〜について」ばかりの見出しになるようであれば、もう少し頭を使って構成を考えた方が良い。

命名する際に注意すべきポイント

変数名に使用してはいけないモノ