コードの短さよりも可読性を重視する

メソッドを入れ子にして複数の処理を一気に終わらせたり、ラムダ式を多用してコードの行数を減らすことに躍起になりすぎないこと。

見た目上のコードの短さを自分のスキルと勘違いしてはいけない。自分を賢く見せようとして小難しいコードを書くより、誰が見ても中身を容易に想像できるコードの方が望ましい。

コードは、書く時間よりも読まれる時間の方が長いものだ。だから「短く書くこと」より「読みやすく保つこと」に重きをおかないと、保守性に欠けて負債になる。

その処理は確かに1行にまとめて書けるかもしれないが、1つずつ処理して、その結果を適切に命名した変数に落とし込んでいった方が、後でそのコードを誰かが読んだ時に「何をしているのか」が読み取りやすくなる。

1行 for 文やメソッドチェーンなどで書くと、一気に結果が得られるかもしれないが、それぞれの関数の中身が多いと処理の流れが追いづらくなるし、何か不具合があった時に中間成果物が見えづらく、デバッグが困難になる。あえて冗長な書き方をする必要はないが、「この処理によって何を得るつもりか」が読み取りやすい粒度に分割する方が良いだろう。