一つのモノには一つのことだけやらせる

いわゆる単一責任の原則 (SRP)。一つのモノの責務・役割は一つにする。「一つのモノに変更が入る理由は一つにする」ともいえる。

なぜそうするのか

ある一つのモノが複数の理由で変更されうるとなると、それらの整合性を取るのが大変になるから。

単一責任のメリット

単一責任を採用しないデメリット

一つのモノが抱える責任、依存関係が増えていくと、保守しづらくなる。

一つのモノにやらせすぎない

参考