Amazon Fire 7 タブレット (2019年モデル) を高速化・Google Play 導入。root 化はできず

昨年2019年、セールで3,280円になっていたのでとりあえず買った Amazon Fire 7 タブレット。性能が悪くてやたらとモッサリするので、すぐに使わなくなっていた。

しかし、画面を切った状態からでも Alexa を呼び出せるハンズフリー機能があるので、スマートスピーカー代わりに使えるかもな?と思い直し、それに合わせて少し手を入れることにした。

目次

前提条件

開発者オプションで高速化する

「設定」アプリ → 「デバイスオプション」と移動し、「シリアル番号」欄を7回タップする。すると「設定」アプリのトップメニューに「開発者オプション」が登場する。

この「開発者オプション」で、

の3つを「1x」から「オフ」にすると、見た目の動作が少し速くなる。

アニメーションを無効にすることで描画に不具合が出た場合は「オフ」ではなく「.5x」で様子見すると良いかと。

あとは

あたりを設定しておく。

Google Play を入れてみる

上のサイトが一番分かりやすかった。Fire OS のバージョンに合わせて4つの APK をダウンロードし、順番にインストールするだけで出来た。2019年モデルの Fire 7 だと以下を 1. から順番にインストールする。

  1. Google Account Manager 7.1.2
  2. Google Services Framework 7.1.2
  3. Google Play services 14.3.66 (040300-213742215)
  4. Google Play Store 12.0.19-all 0 PR 215617186

インストール後、再起動するとホーム画面に「Play ストア」が追加されている。コレで高機能な Gmail アプリや、Chrome ブラウザなどが入れられる。

Chrome ブラウザのユーザアカウント同期はすぐに開始できない場合がある。時間を置いて再チャレンジしたりするとうまく行った。謎。

ちなみに Brave ブラウザはインストールできたが対応していないということでエラーが出て動かなかった。

Fire OS 6 の場合、「Google 設定」アプリはホーム画面に表示されていないので、次の手順で開く。

「Quick Shortcut Maker」で「Google 設定」「Android 設定」を開く

Google Play ストアで「Quick Shortcut Maker」というアプリをダウンロードする。

アプリを開いたら、

を探して「起動」すれば OK。なおショートカットは作成できないので、このアプリ内の「お気に入り」を使って管理する。

Swapper & Tools で仮想メモリを増やす → Fire OS 6 では出来ない

仮想メモリを増やす Swapper & Tools という Android アプリがあるらしいのだが、Fire OS 6 では使えなかった。

/sdcard という SD カードを示すディレクトリが権限不足で見られなかったため、機能を有効にできなかった。

Termux アプリは導入できるが root 化はできず

Google Play ストアから Termux というターミナルアプリがインストールできるのだが、コレを使った root 化はできなかった。

どうやら Fire OS v6.3.1.2 以降は root 化するための穴が塞がれており、自分の Fire 7 は v6.3.1.5 にアップデートされてしまっていたために動かなかった。

Fire 7 (2019) には Echo Show モードがない

なんや色々とうまくいかないところが出てきているな…。おまけに Fire 7 はスマートディスプレイとして使える「Show モード」に対応していないので、画面を常時点灯させてホームコンテンツを表示させたりできない。

開発者オプションにて、「充電中は画面をスリープモードにしない」という設定が出来るので、コレを使って擬似的に Show モード風の運用は可能ではあるが、なんだか残念。

ところで、Fire タブレットの各種ブラウザ (Silk や Firefox など) では、HTML の Fullscreen API が動作した。全画面表示に対応させた Web アプリを自作して、それを表示させれば、UI はもう少しイイカンジにできるかもしれない。と思ったり。

とりあえず以上

とりあえず、開発者オプションと Play ストアの導入で、もう少し快適に使える端末にはなった。

しかしやはりメモリが少なく、動作がモッサリしていて、スマートディスプレイ的な使い方以外は厳しそうだ。

ということで今後は、よりスマートディスプレイ的に使えるように、Fullscreen API を使った Web アプリでも作ってみようと思う。